古いと新しいなど

▪️古いと新しい

新しいとはなんだろうか。流行、最先端。
きっと誰かにとって、新しいと感じた事が、新しいのだと思う。昔の音楽を初めて聞いた時、それはその人にとって新しいのではないだろうか。初めて見る色の服や、花や、空の雲も、夏の蜘蛛の巣も、世の中にはずっとあるけれども、初めて見るそれらは常に新しく存在すると思う。だけれどね、自分が生きてきた道のり、人びとの歴史を振り返ると、それはどれをとってみても、新しくはないと思う。過去はいつ思い出しても最先端にはなれないのだと思うのです。その過去は僕にとって、昨日もそうであり、ほんの数分前もそうなんだと思う。その事ばかりを持ってこないように、今からどうするか、今何をしているかを考えて生きたいなぁと思うのです。

▪️命

とても儚く、尊い。尊いという言葉の意味がわからないとしても、感覚はわかるので、命の大切さ、脆さ、強さ、喜び、幸福、最期など、言葉がつきない。我々人類もそうでない動物達も、これが無くてはならないのであり、これに優しくなって、健康、安全、安心、平和、尊敬、愉快、解消など、多くの潤いを考えてきているのではないだろうか。

きっと、音楽もそれらにとって、とても重要な存在なのだ。


▪️夕食の献立

僕が作る時、魚率高い。

コメントを投稿

人気の投稿