となりの芝

となりの芝生が青い

意味としては、自分のものより他人のものがよく見えたり、自分の環境よりも他人の環境の方がよく見えたり、自分よりも他人の方が幸せに見えるということ。

それって、もしかすると幸せなのでは?と気付いた。

となりの芝生が青く見える方が、きっと幸せ。

自分の周りの芝生が全て青々としているなら、これ程眺めのよい事はないだろう。誰かから見たら自分の芝生は青く見えるかもしれないとしたら自分の芝生の色を気にする必要があるだろうか。

自分が自分がと、自分の事ばかり言う人にとってはわからないかもしれないけれど、そうではない人なら、他人が幸せなら、それを見ている自分は幸せかもしれない。

僕の周りの芝生はとても青々している様に見える。もしもこれが青く見えなかったら、きっと自分の芝生の事などどうでもいいのかもしれない。周りが青いからよいのだ。

重要なことは、芝生の色ではない。
下に見える青さをくらべるよりも、上を見上げることだ。
もはやみんなの芝生が青いのだとしたら、次に何をすればいいのかを考えたい。



コメントを投稿

人気の投稿