バンド紹介

あまりにもやっていなかったので、自分が関わっているバンド紹介を書こうとおもいます。あくまでも僕の目線なので偏りがあるでしょうきっと。

まずは、一昨日演奏した、ひび則彦さんとsamAさんのバンド、サマンドについて書こうとおもいます。

このサマンド(samA&EAU DE MOND)に参加するきっかけはベースのカイドーユタカさんから連絡を受けたのと、その時丁度家にひびさんの本があったからでもあります。最初は、バンドとしては長いようなので、トラとして声をかけてくれたのだろうと思い、どうしたら一緒にやった事のない人達が心地よく演奏できるドラミングが出来るのかだけ考えていたと思います。いつしか、トラではなくレギュラーメンバーとして参加させていただくようになったのだけど、僕の中にはまだ外から来た人の様な空気がある気がしていました。それは時々聞かれていた、なんでサマンドやってくれているのという質問があった時で、理由はない。ただ、当初はカイドーさんがいるからという理由だった。しかし、今は違う。メンバーが真剣に考えているからだ。上手い下手ではなく、リハーサルの時も本番の時も、真剣に考えて、みんなでフォローしあって、ゆっくりでも前に進んでいるからだ。僕は音楽の話をしたかったし、ただ集まって、なんとなくやって終わりみたいな、なんのビジョンもないバンドはいやだったし、集まっても議論がないのも嫌だったので、そういうバンドは進んで辞めていったから、むしろこのバンドは望んでいる所だった。そんなサマンドはやはり内部の衝突がいくつかあり、それが一番好きなところである。僕ももちろんその話し合いに参加して、みんなで高めあえればそんな素晴らしいことはない。一昨日もすぐにカイドーさんにタイムについて話した。それができるからこそ、僕にはやり甲斐があるのだ。メンバー一人一人の事は良くはわからない。それは僕にとってあまり重要ではないのかもしれない。ただ、毎回スペシャルゲストで来てくださる佐藤達哉さんも含めて、あの緊張感やみんなの姿勢に、僕はちゃんと答えられるようになりたいと思ったのだ。そんなサマンドのライブは次回
11月29日水曜日、神保町の楽屋でありますので、是非。
コメントを投稿

人気の投稿